#EdTech
TANREN

TANREN立ち上げに関して

■ご挨拶

初めまして、TANREN株式会社 代表取締役社長を務めます、
佐藤 勝彦(37)と申します。

TANRENサービスのリリースが遅れました事、改めてお詫び申し上げます。
2015年4月15日にサービス開始となりますので、今しばらくお待ち頂けますと幸いです。

さて、わたしたちは2014年10月に創業したばかりの、まだまだ新しい会社。

0から1を生み出し
新しい価値を世の中に与えていく
クラウドサービス事業者です。

今後、こちらのBlogにて
・ #EdTech に関して情報考察
・ #ガジェット 関連のレビュー
・ #会社経営 に際して所感
・ #個人 としてライフハック術

など、カテゴリを整理してお届けできればと思います。
よろしくお願いします。

記念すべき初回となります、今回は
立ち上げに至った経緯などをお伝えしてみたいと思います。

■市場背景

#EdTech

事業領域である #EdTech はモバイル・クラウド・ソーシャルの波に乗り、2015年に年成長率で13.9%(グローバル)も伸びると言われる有望市場です。

 

EdTech市場規模

とりわけ日本の教育産業の中でも、古いテキストベースのEラーニングの仕組みは縮小し、新たに動画が主体の分野が活性化するとみられてます。

※矢野経済2013年発表 2兆4,626億円(前年度比1.7%増)
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001306
(→資料は更新されてますので2014年度発表をリンク掲載させていただきます。)

 

■起業経緯

そんな未来有望な市場において「接客ロープレ」を起点とした、全く新しい「クラウド型ロープレ鍛錬アプリ」を開発、販売していきます。

わたしたちは過去、セールスの販売現場を見続けてまいりましたが、そこで感じた大きな課題は、これだけデジタルの時代の中で、どこも”ロープレ”がアナログであること。

時間がない、場所がない、予算がない。
全国各地からスタッフを呼び寄せるなど、過度な固定経費で苦しまれてたアナログ運用の接客ロープレ。

次回はそのあたりの企業が直面してる、研修現場の実態を探りながら
TANRENサービスの効果をご説明していきたいと思います。

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone